Monthly Archiv: 8月, 2015

不動産を売却するのに税金はかかる?

不動産を手放す(売却)する際に、どのような経費や税金がかかるのか気になるところです。
まず、業者に頼んで不動産を売却した場合は業者に対して仲介手数料が発生します。こちらは業者によって金額は異なりますので、あらかじめ事前確認が必要です。
次に税金です。不動産売却で利益が出た際には譲渡所得税・住民税がかかります。また、不動産譲渡で利益が出た場合には、得た利益は譲渡所得としてみなされ所得税・住民税が課せられます。所得税や住民税などの税率については、売却する不動産の土地・建物の所有期間や面積などによって決まります。
さらに消費税も発生します。個人間売買の場合は、売却する不動産に対しての消費税は非課税ですが、不動産業者にお願いして売却した場合には、業者への仲介手数料が消費税対象になります。
新築住宅の場合等や住宅ローンを現在組んでいる不動産を売る場合なども課税発生しますので注意が必要です。税率計算はとても細かく、かつ、毎年ごとに変わるケースがあるため自分で計算するのはとても難しく、支払うタイミングによっても金額は変わるので、賢く手続きするためにも、まずは専門の業者に相談してみましょう。