続々と企業に取り入れられる時短勤務の効果

フルタイムで働いていたものを途中で切り上げることができるようになる時短勤務の制度により、育児休暇から復帰する女性、そしてこれから育児休暇を取得する男性や女性、そして家族の介護で何かと大変な人が仕事と介護を両立できるようにする仕組みとして注目を集めています。

時短勤務によって、企業やその当事者にも効果は出てきています。

企業側が時短勤務を取り入れることで、作業の効率化が図れるようになります。

とある企業では賃金のアップの代わりに勤務時間を削るという新たな形で労使交渉が行われ、それが成立しました。

勤務時間を短くし、残業をある程度少なくし、それでいて企業の成長や今までやってきた仕事を減らさずにするにはそれ相応の努力が必要となります。

そのためにも作業の効率化は急務であり、勤務時間を削ることで残業代を減らすことにもつながるというのは会社にとってもプラスに働きます。

時短勤務は当然ながら当事者、この場合でいう労働者にも恩恵を与えます。

午前9時から午後5時、前後1時間は会社に拘束されるとなると、そこから子育てをしたり、介護をしたりするうちに自分に対する時間を持てなくなります。

自分に対する時間は余暇に充てるだけでなく、自分自身の成長にも充てられます。

それがままならず、毎日を惰性で過ごしかねず、長期的に見てマイナスになってしまいます。

また、育児休暇からいきなりフルタイムに復帰することは難しく、時短勤務を認め、段階的に復帰していく方が効率的であり、勘を取り戻すには最適です。

時短勤務の効果としては、多様な働き方を可能にするという点でも推奨され、フレキシブルに自分なりに働きやすい時間で働くことができるようになります。

満員電車に揺られ、帰りもまた同様、午前9時から午後5時、下手すれば残業で8時9時まで働くというのがサラリーマンとしてありがちな光景です。

それを短くしたり、多少な働き方を模索したりすることでこうした光景は昔懐かしいものになるかもしれません。