不動産売買の流れについて

不動産売買の流れは、購入するときと売却するときで異なります。
物件を購入するときは、まずは希望する条件を明確にします。
予算や間取り、周辺環境など、条件に見合った物件を不動産会社などで探しましょう。
希望の条件に適した物件が見つかったら、内覧をして物件の状態を確認しなければいけません。
内覧は、一カ所だけではいけません。
複数の物件を見比べてから、購入する物件を決めましょう。
内覧をしたら、資金計画を立て購入の申し込みをして、物件についての説明を受けます。
納得すれば不動産売買契約を結び、住宅ローンを銀行と契約します。
審査に受かって住宅ローンが契約できれば、物件を引き渡してもらうことができます。
不動産売買で購入の流れは、分譲と中古で異なります。
中古の場合は、仲介業者を間に入れること以外は、大きな流れの違いはありません。
不動産売買で売却の流れは、まずは相場を調べなければいけません。
周辺の相場を調べてから、不動産会社に物件を査定してもらいます。
査定は、複数の不動産会社に依頼しなければいけません。
また、相場とかけ離れた、高い査定金額を提示する会社に騙されてもいけません。
相場に見合った査定金額の不動産会社を選び、媒介契約を結ぶようにしましょう。
購入希望者が見つかれば、不動産会社から連絡があります。
購入希望者に情報を開示して、交渉をしなければいけません。
交渉で合意できれば、不動産売買契約を結び手付金を受け取ります。
不動産売買契約を結べば、引き渡しへの準備をしなければいけません。
抵当権の抹消、所有権の移転手続きなどです。
また、不動産売買契約を結んだ物件に住んでいる場合には、引っ越しもしなければいけません。
引っ越しをする場合には、新居となる物件も、決めておかなければいけません。
引き渡し時には、両者が立ち会い、代金を受け取り所有権を受け渡します。
不動産売買で売却後には、税金を支払う手続きもしなければいけません。